創業融資のことならお任ください!!
銀行出身の税理士が、制度のご説明から、申込み額の決定、銀行の紹介、提出書類の作成、
模擬面接まで、起業・独立・会社設立をした皆様を懇切丁寧にご支援いたします。

03-6914-2357

岡本匡史税理士事務所 東京都豊島区南池袋3-18-36富美栄ビル601

創業融資を通すコツ

 創業融資の審査において、特に重視される具体的なポイントは、以下の3点です。

  • 1
     開業される業種での勤務経験
  • 2
     自己資金の出どころと、自己資金と借入希望額のバランス
  • 3
     金融事故やキャッシングの有無等

 ① 開業される業種での勤務経験


 創業融資を受ける上で、勤務経験はとても重要です。
 なぜなら、統計上、業界経験のある人たちの方が業界経験の無い人たちよりも廃業率が低いからです。


 もし、開業を考えているもののその業界での勤務経験がないのであれば、
土日だけでもその業界で働きましょう
 創業融資の審査において有利になりますし、また、商売を行う上でも必ず役に立ちます。


 また、その業界に関係する資格の取得もアピールになりますので、
資格の取得も検討して下さい

 ② 自己資金の出どころと、自己資金と借入希望額のバランス


 自己資金の出どころについてです。
 一時的に用立てたいわゆる見せ金は、自己資金として認められません。
 また、
自己資金がタンス預金の方は、早急にお通帳に入金するようにしましょう。


 次に、自己資金と借入希望額のバランスについてです。

 借入希望額を自己資金の3倍以内にすると、創業融資を受けることができる確率が高まります。

 ③ 金融事故やキャシングの有無等


 金融事故についてです。
 いわゆるブラックリストに掲載されている人や、返済が遅れている人は基本的に創業融資を受けることができません。
 ただし、金融事故から5年若しくは7年が経ち、今現在のCICが綺麗であれば創業融資を受けることができます。


 次に、キャッシングについてです。
 カード会社等からのキャッシングは無いことに越したことはありませんが、
多少のキャッシングが残っていても他の審査事項に問題がなければ創業融資は通りますので、ご安心下さい。

お気軽にご相談下さい

ご相談はお気軽にどうぞ

03-6914-2357

ご相談はこちら

岡本匡史税理士事務所
 
TEL :03-6914-2357
FAX :03-6914-2396
E-mail : okamotomasashi@kaigyousien.jp

主な業務地域

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県

QRコード