創業融資・開業融資のことならお任ください!!

銀行出身の税理士が、制度のご説明から、申込み額の決定、銀行の紹介、提出書類の作成、

模擬面接まで、起業・独立・会社設立をした皆様を懇切丁寧にご支援いたします。

03-6914-2357

岡本匡史税理士事務所

東京都豊島区東池袋1丁目17番11号パークハイツ池袋1105号

創業融資の審査

 専門家の間でもほとんど知られていないことですが、実は、日本政策金融公庫や東京信用保証協会は創業融資に関して明確で具体的な審査基準を持っていません。
 なぜなら、職務経歴や自己資金、創業計画書等を総合して融資できるかどうかの判断が下されるのですが、それらを数値化して審査することができないからです。

 

 創業融資の審査のポイントを一言でいうと、「貸したお金(融資)が滞りなく帰ってくるかどうか」です。
 
従って、「この方なら、貸したお金を期日通りにきちんと返してくれるだろう」と思われれば、融資を受けることができるのです。
 そこで、皆様自身も「どのような人ならばお金を貸すか」という視点を持ち、創業融資審査の対策を練ることが重要です。

 

 創業融資の審査で重視されるポイントが三つあります。
 それは、職歴(資質)、自己資金(財政状態)、創業計画書(事業計画書)です。
 この三点に穴が無いと、創業融資はほぼ100%受けることができます。
 当税理士事務所のお客様にも、町田市で不動産仲介業を営んでいる方がいるのですが、この方は、大手不動産会社で10年程度の経験があり(しかも営業成績が良く、店長職も経験しています)、自己資金に関しましても数年前から通帳に数百万円あり、更に、創業計画書もご自身でかなりのレベルまで作成されていました。
 この方は、当然、申し込み金額満額の創業融資を受けることができ、今でも当税理士事務所のお客様です。

 

 

しかし、この方のようにすべて完璧という方は、なかなかいません。
正直、当税理士事務所にご相談に来られる方の多くは、多少なりとも問題を抱えている方が多いです。

 

 そこで、私達の出番です。
そのような方に対して、創業融資を受けられるようご支援・サポートをさせて頂きます。

 

 創業融資の審査で重視される三つのポイントにつきましては、次ページで詳細に解説をさせて頂きます。

  • 士業のリンク集 1
  • 士業のリンク集 2
  • 士業のリンク集
  • 納税地及び税理士登録