創業融資・開業融資のことならお任ください!!

銀行出身の税理士が、制度のご説明から、申込み額の決定、銀行の紹介、提出書類の作成、

模擬面接まで、起業・独立・会社設立をした皆様を懇切丁寧にご支援いたします。

03-6914-2357

岡本匡史税理士事務所

東京都豊島区東池袋1丁目17番11号パークハイツ池袋1105号

法人(株式会社)か個人か

 起業をされる際、法人(株式会社等)形態で事業を行なうか、個人として事業を行なうかという悩みがあります。
 ここでは、それぞれのメリットとデメリットをご説明いたします。

 

 

  まず、法人(株式会社)を設立するメリットとしては、
   ① 個人に比べて社会的信用度が高い
 ② 法人代表者(社長等)の責任が限定的である
 ③ 株主(出資者)を集めることにより、個人に比べ、資金的に余裕があるスタートが可能である
 ④  税務上の損失を7年間繰り越しすることができる   等といった点です。

 

 一方、デメリットとしては、
 ① 法人設立費用が実費のみで約24万円かかる(ご自身で法人を設立された場合)
 ② 赤字でも最低年間7万円の税金を支払わなくてはならない(東京都の場合)   という点があります。

 

 

 個人として事業を営む場合のメリットとしては、
 ① 法人設立費用がかからない
 ② 赤字の場合、所得税は0円   という点があります。

 

 一方、デメリットとしては、
 ① 個人の責任を限定していない限り無限責任となる
 ② 法人に比べ社会的信用度が低い
 ③ 税務上の損失を3年間しか繰り越すことができない   という点があります。

 

 

 

 法人設立の専門家は、行政書士や司法書士です。
 法人設立については、市販の本を読み、ご自身で行なうことも可能です。しかし、インターネット等において、ご自身で法人設立をされるより安く法人設立を請け負う会社がたくさんあります。

 

 なぜ、このような会社が存在するかと申しますと、ご自身で法人設立時の定款(法人の基本規則等を記したもの)の認証を行なうと、印紙税が4万円かかりますが、専門家のように定款の認証を電子データにより行なうと、この4万円がかからないため、実費のみだと約20万円で受注することが可能なのです。

 

 そのため、例えば、法人設立業者の法人設立報酬が3万円だと、20万円+3万円=23万円となり、ご自身で法人を設立された場合(約24万円)よりお得になります。

 

 また、法人設立に当たり、法人設立報酬は全くかからないが、その代わり税務顧問契約を求める税理士もいます。この税理士は、法人設立の報酬を無料で行なう代わり、今後の税務顧問報酬を狙っているのです。