創業融資・開業融資のことならお任ください!!

銀行出身の税理士が、制度のご説明から、申込み額の決定、銀行の紹介、提出書類の作成、

模擬面接まで、起業・独立・会社設立をした皆様を懇切丁寧にご支援いたします。

03-6914-2357

岡本匡史税理士事務所

東京都豊島区東池袋1丁目17番11号パークハイツ池袋1105号

ソフトウェア開発業の創業融資

ソフトウェア開発業の創業融資

1、開業・創業の概要
 リーマンショック後、仕事の減少の伴い業界で働く人間も大幅に減りました。しかし近年では、   「仕事はあるものの、人手が足りない」という状態が続いています。ある機関の調査でも、2012  年におけるソフトウェア開発業の倒産件数は、過去最低だったそうです。
 また、他の業界と比較し、将来性のある業種と言えます。

 人材を確保し、毎月の売上を一定以上確保するまでは大変ですが、一度毎月の売上高が軌道に乗っ  てしまうと、安定した利益を確保することができます。

 

 

 

2、ソフトウェア開発業の開業創業融資のポイント
 店舗を構える他業種と比較すると、開業資金は少なくても始めることができます。
 業種がら、事務所については比較的安価な家賃の物件でも問題が無い事が多く、また、設備もPC  等さえ購入すれば始めることができます。
 ソフトウェア開発業で創業融資を借りる方の資金使途例としましては、事務所の敷金礼金等、当面  の運転資金(主に人件費)となります。

 

  <設備資金>
   事務所敷金礼金、PC購入費等

  <運転資金>
    人件費、家賃等

 

 

3、具体的な開業創業融資計画例

 

  <資金供給(創業融資を含む)>
   資本金                   150万円
   創業融資                  150万円
     計                       300万円

 

 <資金使途(創業融資を含む)>  
   事務所敷金礼金等            50万円
   設備(PC等)       40万円
   人件費(二か月分)       150万円
   法人設立費用等           30万円
   他運転資金           30万円
             計                 300万円

 

 <軌道に乗った際の月次収支例>
  売上高                      750万円
  外注費                        450万円
  役員報酬                         120万円(社長分)
  給料                       100万円(二人分)
  家賃                     10万円
  消耗品等                     40万円
      利益                           30万円

 

▲このページのトップに戻る